韓国カラコンで自分の目に合うのを探す

韓国カラコンのレビューを見てると結構悪い評価もあったりします。当然良い評価もありますが、自分が着けてどうなるかはこれはクチコミでは分かりません。

クチコミを信用しすぎない韓国カラコン選び

韓国カラコンのクチコミの賛否の原因

韓国カラコンサイトではレビューを投稿できるサイトもありますし、なくても、一般のクチコミサイトの投稿があれば、それでみんながどう感じてるのかを知る手段の一つとなります。
しかし、どんな商品でも賛否があるのは当然ですが、特に直径が大きい16mmのようなカラコンとなると、良い意見と悪い意見が真っ二つという感じもします。
前に書いたみんカラについても同様です。
では、なぜそんなに評価が分かれるのでしょうか。

なぜ自分の目にカラコンが合わないのか

原因はいくつか考えられますが、一つはレンズ自体の問題です。悪い評価が多いのは、レンズが不良品だったとか、かけてて着けれないとか、そもそもの機能を果たしていないことに起因します。
ただ、その場合は交換などで対応してもらうしかありませんから、今回はそういったケースは除くことにします。

 

ではそういった不良品という点を除くとどういったことが考えられるかというと、まずはベースカーブが合ってない、度数が合ってない、目の調子悪いなどでしょう。
ベースカーブというのは、スペックではBCと略されている数値です。レンズの湾曲の度合いを示すものですね。
人によってこの数値が異なりますが、眼科に行けば分かります。最初は眼科でコンタクトを作ったなら、自分のベースカーブは知ってると思います。それが合ってないとゴロゴロしたり、はずれやすかったりということが起こりえます。
恐らく私には分からないようなことが原因で不快感が出る可能性もあります。涙の量も人により違うでしょう。

 

他にも片方だけぼやけるということであれば、レンズのデザインの問題の可能性も捨て切れません。
カラコンというのは、真ん中は黒目で見れるように透明になっていますが、その部分の質に問題があるのかもしれません。

 

つまり、憶測では何とでも言えますが、正確な解決策は分からないということです。

結局自分の目に合うかが基準

クチコミを見て、これは良いと思って買ったのに、自分には合わなかったという経験はありませんか。
その逆のケースもあるかもしれません。
悪い評価の中には、思ったより盛れない、発色が弱い、小さい、大きいなど、予想してたものとは違うということで不満を持ってる人もいるでしょう。
しかし、その予想というのは自分が過去に経験したことやネット上の情報を元にした自分で決めた考えです。
考えというのも正しいか分かりませんが、そういったネットの情報を鵜呑みにするのは危険です。
やはり、自分の目に合うかどうかを知る方法は自分で買ってみるしかないのかもしれませんね。

ホーム RSS購読 サイトマップ